声録音

基本的に生ドラム以外は全部自宅スタジオで録音しています。

なので、もちろんボーカルなどの声素材も自分のスタジオで録ってます。

宅録始めた頃は「ボーカルだけはスタジオじゃないとちゃんと録れない」って思ってましたね。
だから、オケができたら外スタジオにMTR持ち込んで、ボーカル録ってました。

でも気がついたら自宅で録るようになってましたね。

一番の要因というか原因は…。
やっぱり金銭的なものですかね。

当たり前ですけど、スタジオ使ったらお金かかりますからね(笑)。

で、最初はなんかよくわからないダイナミックマイク。
それが安いコンデンサーに変わり…。

ある程度の値段のものにグレードアップし…。

今はこういう感じで声録ってます。
マイクはAKGのC414-XLⅡを使ってます。

普段はドラムのトップマイクとして使用していますが、何にでも対応できるマイクですね。
Neumannのマイクも欲しいんですけどね。

諭吉がね…。
野球でいったら何チーム分必要になるかって話ですよね(笑)。

まっ、でもある意味定番すぎるので、逆に避けたいというのも…。
いや、ウソです。

定番だからこそ欲しい(笑)。

まあマイクの話は置いておいて…。

自宅にてボーカルを取る利点。
まずは先に述べた金銭的なこと。

しかし、一番の要因は…。

時間を気にしないでいい。
これですかね。

やはり長時間の録音となると、スタジオ代が嵩むんですよ。
って、結局金か(笑)。

いやいや…。
ボーカルの録音って結構限界があると思うんですよ。

生物なんで、鮮度に限界があるというか…。

でも外スタジオだと、時間とか金銭的なことがあるので、無理してでも歌を録ると。
それってボーカルの声にも、作品の質にもあまりよろしくないのかなと。

だったら、リラックスできる空間で時間制限を考えずにやったほうが、いいかなと。
もちろん外スタジオならではのメリットもあるんですけどね。

と、言うわけで、これについては語りたいことがまだまだあるんですが…。

今日、その歌録りなんで、また後日(笑)。

『今日から俺は!!』西森博之

「所有漫画を紹介するシリーズ」

なんとかブログもこのシリーズも続いてますね。

誰も読んでないかもしれないけど…。
なんか変な使命感が出てきました。

でも、使命感の使い方を間違えている気がします(笑)。

と、言うわけで、昨年ドラマ化され大ヒット。
リアルタイムで読んでて、昔から知ってる立場からしたら…。

「オレは昔から知っててん」って言いたい気分(笑)。

でも正直ドラマ化が発表された時は…。
「死ぬほどコケるだろうな」って思ってました。

漫画の実写化には実績のある福田監督とはいえ…。
ウマく行ってない例もありましたからね。

どの作品とは言いませんが(笑)。

で、Huluで見れたので、試しに1話を見たんですよ。
そしたらハマったと(笑)。

久しぶりにテレビドラマを見たなと。
配役も「それは違うやろ」って思ってたんですが…。

いや、そう見えてくるんですよね。
「今井最高」みたいな感じで(笑)。

で、基本不良漫画…、というかヤンキー漫画ですけど…。
いい意味でサンデーらしい、サンデーだからこその作品だと思います。

やっぱり雑誌の個性というか、色合いがあるなぁと。

しかし、何がびっくりしたって…。
この作品4000万部も売れてたんだなと。

いや、僕も好きですし、読んでましたけど…。
そこまで売れてたとは…。

で、原作も長期連載で、最後は「ダラダラでグダグダ」になりつつあったんですけど…。
うまいこと最終回まで持って行けたと思います。

いや、最近の漫画は、それが出来てないんですよね。
まあ出来ないのか、させてくれないのかはわかりませんが。

ドラゴンボールでも引っ張って引っ張って42巻って感じだったのに…。
簡単に超えてきますからね、最近は(笑)。

僕的には30巻前後がベストなような気もしますね。
だって、読んでるうちに子供からオッサンになるわけでね、コチラも。

「いつまで漫画読んどるん」って言われるわけですよ(笑)。

まっ、でも懐かしさもありながら、今でも通じる作風なんだなと痛感した次第であります。

で、原作とドラマ共に「三橋と今井の廃ビルでの戦い」がベストなのは言うまでもありません。
あの回を実写化しようと考えた福田監督は…。


すごいですが、結構狂ってると思います(笑)。

カレー風味って?

僕の家は自営業で、食堂を営んでおります。

今年で46年目でございまして、去年は節目の45周年。
でもコレと言って、何もしてません(笑)。

50周年にはさすがに何かしようかとは考えるんですけどね。
ただそれまで生きてる自信があんまりないんですよね。

冗談抜きで(笑)。

ってなわけで、基本和食というか…。
なんでもありといえば、なんでもありの食堂です。

力を入れているのは「そば類」ですが…。

その他のメニューもあります。

ってか、ますます「この人なんなん?」って感じのブログになってきましたね(笑)。

だいたいSNSにしてもブログにしても「絞り込み」って大事じゃないですか。
ってか、絞り込みますよね、大体。

僕の場合、どうもそれが出来てないんでしょうかね?

まあ絞り込んだところで、こんなの読む人いないとは思ってるんですけど(笑)。

はい、そういうわけで、弁当なんかも作ってまして…。
そのオカズを仕込んでて…。

「肉じゃが作ろう」って思ったんですよ。
でも作ってる途中で「なんか違った味わいを」とか感がてしまったんですよ。

「和風出汁にカレー粉って結構合うよな」と何気に思いついたわけですよ。

そして、作ってる最中の肉じゃがにカレー粉を投入。
思った通り、カレー粉の香りが食欲をそそる仕上がりに。

ただね…。

「これカレーだよな」って気がついたのは、弁当が配達されてからでした(笑)。




アンプシミュレーター

高校2年の時に宅録を始めたんですけど…。

ギターとかベースをアンプを鳴らして録ったことがほとんどないです。

ある一定の機材を買い揃えて、自宅を「スタジオ」と呼び出してからも…。
アンプ録りはほとんどやってないですね。

ってか、回数本当に数えられる。
片手で足りる。

ってか、指余る(笑)。

一応ギタリストなんで、それ関連の機材は沢山もってたんですよ。
で、自分のバンドのレコーディングでは、それらを使ってラインで録音。

エフェクターの中にシミュレーターもあったし…。
特にRolandのVSシリーズのアンプシミュレーターを多用していました。

ただ、僕が依頼を受けたバンドなどは、その方式ではちょっとなぁ…と思っていたわけですよ。
そんな中、ツレがPODなる赤いモノを持って来たんですよね。

最初試した時は「なんだこの音は」とか思ってたんですよ。
しかし、弾くにつれて…。

「これ、もしかしたらスゴくない?」ってな感じに変化したわけですよ。

で、大きなローンを組む時に、ラックタイプのPODをギターとベース用両方購入。
弦楽器のレコーディングは基本、全部それでやってましたね。

で、地元に戻ってからも、それらの機材でレコーディングやってたんですけど…。
やっぱり不満が出るようになったんですよね。

自分自身も不満だったし、バンド側も不満って感じでした。

しかし、そこらへんのことは解決できずに…。
僕も音楽以外のことに時間を大きく割くようになってました。

で、去年くらいからまた本格的に、録音環境を作り直す中で…。
「これってどうなんだろう?」って考えて、購入したのがKemperでした。

到着して、弾いてみたときに衝撃が走りましたね。
「アンプやん」って感じ。

音の良さもしびれましたが、弾いた時の感触というかレスポンスがまさにアンプ。
この時からPODはラックを塞ぐ蓋と化しました(笑)。

で、そのまま去年はレコーディングをこなしてたんですけど…。
今年になって、「もう一つのアレ気になるな…」って思いが強くなってたんですよ。

そして、勢いに任せて購入。
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-FxⅢですね。

結構清水の舞台からでしたよ。
値段が値段なんでね(笑)。

で、届いて、弾いてみたわけですよ。

これがね、感動がKemperほど無かったんですよ。
「えっ、これが〇〇万?」って感じ(笑)。

クリーンとかクランチとかは「エエ感じ」だったんですけど…。
それでも「コレで〇〇万?」という思いはそれほど変わりませんでした(笑)。

ただ、エディターで設定を追い込んでいくと…。
「おっ!!」ってなりましたね。

プリセットだけだと、本当にこのマシンの良さは理解できないと思います。
そして、本体だけで操作をしようとしてはいけません(笑)。

で、タイトルで「アンプシミュレーター」と書きましたが…。

この2台は「シミュレーター」ではないですね。

僕的には…。
「Kemper=ギターアンプ」で「Axe-FxⅢ=マルチエフェクター」って感じですかね。

基本の音をKemperで作って、Axe-FxⅢでエフェクト処理ってのが一番理想かもしれないですね。
かなり贅沢な使い方ですけど(笑)。

で、どちらも良さがあって、優劣はつけれませんね。
ただ、ウチのスタジオに来る人間の評価としては…。

ボーカルやりながらギターを弾く、つまりバッキング担当にはKemperが人気。
で、リードギターを弾く人間にはAxe-FxⅢが人気ですね。

もちろんアンプ録りを否定する気は無いですし、Kemperもあるのでプロファイリングやってみたいなと思っています。
Axe-FxⅢの音をKemperでプロファイリングってのを一度やってみたいと思ってるんですけどね。

なんかバカみたいな気もするんですよね(笑)。

自分的にはコレらの機材に加えて、マイク録りも出来るようにして…。
曲に合わせて選択できるようにしたいなと思っています。

しかし、最近「ベース関連」のこういう機材って出て無いですよね。
確かにKemperもAxe-FxⅢもベース対応なんですけどね。

まあベースの場合はラインで押さえておいて、あとで処理ってのが一番なのかな。
僕的にはあまりアンプ録りをする意味合いを感じないんですよね。

ってか、アンプ録りするにしても、ラインは絶対押さえておきますしね。

で、使うのは結局ラインの音だったりすると(笑)。

しかし、なんにせよ昔から考えたらすごい時代になったなと。

で、一度行ってみたいんですよね。
コレらを作っている会社に。

だって、そこには本物のアンプが揃っているわけですよね。

いや、見てみたいし、弾いてみたいですよ。
なんやかんやいって、ギタリストはね…。


アンプ好きだし、できたらズラーっと並べたいんですよね自宅に(笑)。



マイク(ダイナミック)

なんやかんやと結構続いてるなと自分で感心。

やっぱりシステムが古すぎたんだなと。
まあ変なところにこだわると、アカンなってことも分かった。

そう人間って歳とっても、成長できるんですよ。
まあ成長というか、普通になっただけかな(笑)。

ってなわけで、まだ僕的には「〇〇について」みたいなマニアックなことは書いてないつもりです。
結構自己紹介的な感じですかね、まだ。

まあなんせ入って来るのはスパムコメントばかりだし…。
カウンターもつけてないし、アクセス解析もしてないので…。

いかほどの人が読んでるのか…。

「気にしない」と言いつつも、少しは気にしてるんでしょうね。
こうやって書いているってことは。

俗物め(笑)。

と、言うわけで、今日はスタジオのマイクを少しばかり紹介しようかなと。

自宅録音を始めた当初は、そんなにマイクにこだわりはありませんでした。
雑誌を読んでても、そういうことに関してはあまり気にしてませんでしたしね。

「何使ってもそんなにかわらんでしょ」って思いが大きかったのかな。

で、デジタルのMTR使うようになって、ドラムとかギターやベースにはこだわってたんですけど…。

ボーカルに関しては、外のスタジオでマイクのセレクトもセッティングもエンジニア任せ。
自宅でボーカルを録るようになってからも、マイクはメーカー名もわからないマイク使ってました。

「ミックスでなんとでもなる」って思ってたんですよね。

でもやっぱり「う〜ん、コンデンサーマイク1本くらいは必要かな」と思って…。

RODEのコンデンサーを。

で、使ってみたら「あっ、全然違う」となったわけですよ(笑)。

そして、次はマイクプリを買うことに。
べリンガーのマイクプリを購入したんですよ。

もう宅録の王道、エリートコースですね(笑)。

そしたら「あっ、全然違うわ」ってなったんですよ。

で、問題だったのは…。

「ここでストップ」したことだったんですよね。
「もうマイクもプリアンプも必要ないな」って感じで。

「あとはミックスでなんとでもなるわ」ってパターン(笑)。

で、結局その組み合わせは、長いこと使ってましたね。

地元に帰って来て、少し金銭的余裕が出た時に…。
BLUEのマイクとか買い出したんですよ。

で、その時に「全然違う」って落ち込みましたね。

それまで何して来たんだって感じに(笑)。

で、またここで問題が…。

「もうマイク必要ないやろ」ってなっちまったんですよ。
「あとはミックスでなんとでもなる」というパターンで(笑)。

もうホント最近かもしれないですね。
「とにかく入口が大事」って感じたのは。

なので、そこからはかなり買いあさりましたね。
特にドラムを自分で録りたかったので…。

ダイナミックマイクは増えましたね。

で、いろんな商品が出ているんですが…。
ことドラム録りに関しては、結構昔からの「定番」が今も通じる世界なんですよね。

なので、まずは定番を揃えて…。

そこから、自分なりのセレクトをしていきました。
でも、こうやって見たら「定番」が勢ぞろいですね(笑)。

今はドラム用にAUDIXのマイクが欲しいかなと考えています。

セッティング的にクジラ(MD421)より、より打面に近くセッティングできるのでいいかなと。

ってなわけで、それぞれのマイクについてはまた次…。

が、あればその時に(笑)。

『青空しょって』森秀樹

「1日1作品所有漫画を紹介するシリーズ」ですが…。

「所有漫画を紹介するシリーズ」に変えさせてください。
毎日はキツイです。

と、言うより、別に毎日じゃなくてもいいじゃないですか。
そんなに見られてないから(笑)。

と、言うわけで、週刊少年サンデーの作品。

この作品、まだ絵柄が現在のような感じでは無いんですよね。
「少年誌」と「劇画」の狭間かな、時期的には。

連載当初は結構「少年誌より」だったんですけどね。
途中から、劇画調に変化してます。

ストーリーも同様で、当初は結構ギャグやラブコメの要素もあったんですけどね。

もちろん「冷静な笑い」はあるんですけど、基本的には劇画チックです。

で、ストーリーは…。
最初は主人公「飛田一八」の父「銀八」がメインです。

3流ゴルファーの銀八が、とある試合で天才と言われるゴルファーのデビュー戦で同じ組に。
途中まではいい勝負をしてるんですけど…。

バンカーショットのミスが続き、最後は逃亡。
当時連載を見ていた僕には結構トラウマなシーンでした。

で、時間が経ち、主人公一八がメインのストーリーへ。
ここからは結構話は劇画チックというか…。

それぞれが抱えた思いが結構「重い」んですよ。
闇抱えた人が多い(笑)。

ただ、そんな中を一八は勝ち上がります。
そして、舞台は世界へ。

10代で国内を席巻して、早くから世界へ。
この当時は「本当漫画って感じ」と思ってましたが…。

宮里藍や石川遼が後に出て来ましたからね。

で、現実に「旗つつみ」みたいなショットがないのと同じで…。
この作品でも基本そういうショットは出て来ません。

かなりリアルなゴルフ漫画だと思います。
特に書き込まれたコース描写は必見ですね。

また実在のゴルファーをモデル(ってかそのまま?)にしたキャラも多数出るので、ゴルフファンにはたまらないんではないんでしょうか。

そして父銀八と一八の最終決戦はかなり見ものです。
戦いの中での二人の言葉はかなり心に刺さります。

特に戦い終えた銀八と一八の会話は感動的で情熱的です。

ジャンプやマガジンじゃなく、サンデーらしい作品ですね。

最終回まで綺麗にストーリーが流れた作品です。

なんか今回はちゃんとした紹介っぽいね(笑)。

ミキサー

最初に購入した4トラックのMTR(もちろんカセットテープ)や、その後に購入したRolandのVS-880にはミキサーがありました。

なので、そのころはフェーダーを使用してたかな。
Macメインで音楽作業をするようになってからは、ミキサー…。

と、いうかフェーダーを触ることがなくなりましたね。

フェーダー付きのコントローラーは使ってたんですけどね。
スタートとストップ押すくらいでしたね。

で、もうその状態に慣れてましたし…。
スペースがね。

あと、諭吉センセが足りなかったと(笑)。

でも、正直そんなにチャンネル数がいらないってのが本音でしたね。
僕が最初に買ったオーディオインターフェイスはMOTUの896なんですが…。

マイクプリが8つ搭載されたタイプで、当時としては結構な優れものでしたね。
外スタジオに持ち込んで、ミキサーでドラムを8チャンネルにまとめてもらって、それを896を介してMacにレコーディング。

あとは、自宅に持ち帰って作業を進める。
こういう感じでした。

システム的にはかなり長いこと使ってたんじゃないかな。

で、京都に戻ってからも、ドラムはそのシステムでレコーディングをしてました。

ただ「できれば自分たちで全部やれればなぁ」というのは、ずっと思ってましたね。

しかし、生ドラムを叩けるスペースがないし…。
マイクを揃えるだけで大変。

で、この頃にはメインのオーディオインターフェイスがMOTUの828mkⅡに変わってて…。
マイクプリの数が足りなかったんですよね、ドラム録るには。

896と同時使用すれば、出来ないこともなかったんですけど…。

ってなわけで、去年一念発起して「ミキサーとマイク」を購入しました。

それがPresonusのSTUDIO LIVE24ですね。
24チャンネル分のマイクプリがあるので、ドラム録るのに全く問題なし。

で、だいたいマイクは11本から12本使用。

ってなわけで、ドラム録りには活躍したんですが…。
普段は「そんなに多チャンネルいらんな」ってことで、別室に置いてました。

畳の部屋にデジタルミキサー(笑)。

しかし、同時に演奏する際のモニター環境作りなどに関してはやはりミキサーの方がダントツに設定しやすいんですよ。
で、音を撮る時には、結構アガるって感じの音質だったのでね、このミキサー。

「なんとかうまくセッティングできないかな」ということで…。
現在は、畳の部屋からスタジオにお戻りになっておられます。

やっぱり見た目、大きなミキサーがあると「スタジオ」って感じがするので…。
気持ちがいい。

ムービングフェーダーだし(笑)。

ただ、録りの作業中は音が密集して「ガツン」と来る感じがいいんですが…。
ミックス作業になると、ちょっと再生音が向いてないかなって感じなんですよね。

ちょっと密度が濃すぎるって感じ。

なので、ミックス時にはオーディオインターフェイスを切り替えて使うようにシステムを構築中です。

そして、今現在モニタースピーカーの新しいのが欲しくなってる病にかかってます。

つまり常に病気という状態ですね(笑)。

『戦国甲子園』桐山光侍

さてさて「1日1作品所有漫画を紹介する」シリーズ。

第4弾。
これで三日坊主は脱出。

なので、もう終わりにしてもいいかなと考えています(笑)。

というより「所有漫画紹介シリーズ」という言い方に変えたいかなと。
毎日はキツイというか…。

「何やってんだオレ?」的な感覚が強すぎる(笑)。

と、いうわけでこれまた週刊少年サンデーからの作品。
まあ本棚にそう分けてるんだから、続くのは当たり前なんだけどね(笑)。

デストロイヤーの訃報があったので「プロレススーパースター列伝」を紹介しようかとも考えたんですけどね。
まあある意味、そこは時間をおいて、さらに時間をかけてじっくり紹介したいかなと。

ってなわけで、この作品は…。

「高校野球漫画」ですね。
「タッチ」とか「H2」とかと同じジャンルですね。

うん、違うか(笑)。

あっ、言っておきますが、僕作品を紹介する時に…。
「読み返す」ということは原則しておりません。

投稿した後に「久しぶりに読むか」ということはあります。
まあまだ4作品めだけど(笑)。

当時の記憶で書くのが面白いかなと。
読まれてないと思うけど(笑)。

え〜、内容は…。
甲子園大会決勝戦。

延長18回の表に、石田高校が0対0の均衡を破るホームランで1点リード。
「まだ裏の攻撃がある!」と気持ちを高める徳川高校。

しかし、天候がさらに悪くなったために、試合はここで中止。
石田高校が優勝。

そして、その無念を晴らすために、その時の9人の選手の息子が集結。
で、石田高校打倒のために甲子園を目指す。

つまりは里見八犬伝の野球版ですね。

で、登場する選手が、かなりメチャクチャです。

ピッチャーは165㎞の速球を投げ…。
変化球も150㎞以上。

「そんなヤツおらんやろ」って思ってたら、大谷くんの登場。
彼は漫画を超えた(笑)。

で、キャッチャーは打てば100パーセントの確率でホームラン。

他の選手もものすごい特技の持ち主だらけ。

しかし、そんな彼らでも予選大会では苦しめられます。
球が分身したり、ナックルボールで凡退したり…。

まあ実際に苦戦したのは2試合だけなんですけどね(笑)。

でもなんとか甲子園出場。

しかし、石田高校は甲子園を棄権。

「裏甲子園」みたいなのを開催して、そこで徳川高校と戦うと。

まあこんな感じです。
で、連載では最終回まで描かれています。

しかし、単行本は6巻まで。
最終回が収録されるべきはずの7巻は発売されていません。

作者がサンデーからジャンプに電撃移籍したことが原因と言われています。

で、僕はたまたまその「最後の戦い」を読んでたんですよ、リアルタイムで。
9犬士最後の戦士が、実は石田高校(1塁を守ってた)にいて…。

いろいろあって、9人揃って同点に追いついて…。
最後は、みんなが肩を組んで笑顔で地下球場から出てきます。

そして、その22年後の様子を描いたのが最終回。
9犬士はその後どうなったか不明。

石田高校のエースピッチャー幽斎はプロ野球に入団。
40歳で30勝しているという活躍。

ちなみに徳川高校と石田高校の勝敗は結局語られていません。

で、当時のマネージャーが徳川高校の監督となって…。
そこに当時の9犬士の息子たちが集結して話は終わります。

僕の記憶ではそういうお話でした。

ちなみに一番ありえない部分が…。

石田高校の幽斎は300㎞のボールを投げます(笑)。

MD STUDIO


管理人こと宮木猛が1日の多くを過ごすスペース。

大阪の大学に行って、卒業して…。

そのまま大阪に住んでたんですよ。
谷町の空堀商店街にある一軒家に。

で、そこの2階にあるスペースを「MD STDUIO」って名付けてました。
「マッスルドッキング」の略で「MD」ですね(笑)。

で、最初は「ギターとベース」を録音して、ドラムとかボーカルは外スタジオ。

ミックスやマスタリングは自宅スタジオ、つまりMD STUDIOで行うって感じでした。
ただ、ある程度作業してると…。

「ボーカルも自宅で録れるんじゃないの?」って思い出したんですよ。
で、マイクやらプリアンプを揃えて…。

ドラム以外は完全に自宅で録ってました。

で、大阪から地元京都に戻り…。
その自宅でも機材を揃えて、レコーディングやミックス・マスタリングをやってました。

まだその時には大阪にも機材を置いていたので「大阪MD STUDIO」と「京都MD STDUIO」があったって感じですかね(笑)。

で、最終的には音楽に関する機材は自宅に全部集合させて、MD STUDIOは自宅のことを言うようになりました。
ただ、僕はそのころ、音楽より他の活動に力を入れていたので…。

MD STUDIOという名前自体消えかかっていたって感じですかね。

で、お店の2階にエレドラを置いて、レコーディングもできるようにしてたんですけど…。
まだそこは「MD STDUIO」とは呼んでませんでしたし…。

この時には自宅もお店のスペースも「スタジオ」って言ってなかったな。
なんか「スタジオ」と言えないような気がしてね。

で、去年からいろいろあって、本格的に機材を買い足して…。

さらに、セッティングもやりなおして…。
「MD STUDIO」としてリニューアル。

それが今の形ですかね。

正直今は「スタジオ」と呼んでも差し支えないなと。
稼ぎと貯金のほとんどをつぎ込みましたし(笑)。

ってなわけで、これからもちょくちょく登場するであろうこのスタジオ。

機材紹介などは、またいずれ…。

で、何どもいうけど、誰が読むんだろう(笑)。