ミックスダウン

現在数バンドのミックスを請け負っております。

レコーディングからやってるので、まだ音作りには悩んで…。

ないこともないかなぁ(笑)。

経験を積んで、ある程度スキルアップしたと思ってるんですけど…。
完成までの時間が短くなるってことはないですね。

むしろ長くなってんじゃねーのかな?

基本僕的には立会いミックスの方が楽というか…。
いや、楽ですね。

楽しいし。

でもたまに「やるわよ」って言いたくなる時もありますけどね。
ちなみに漢字で書くと「殺るわよ」になります(笑)。

で、大体トラックは…。
90〜120くらいですかね。

昔は多くても60トラックくらいにまとめてたんですけどね。
最近はマシンパワーも上がってるから…。

もう細かく分けれるものは分ける。
オートミックスでフェーダーを動かすよりも、それ専用のトラックを作る。

僕のやり方はそういう感じですね。
大体オートミックスを書いたトラックは後でやり直しが多いんだわ(笑)。

で、作業の流れとしては…。
各トラックのノイズチェック。

最近これは、お任せして放り投げたりしてますけど(笑)。

で、トラックの整頓。
僕は「ドラム、ベース、ギター、ボーカル、コーラス」って順番に並べます。

で、それぞれのバストラックを作るとかいろいろやって…。

ここまでが基本の下準備。
そっから、まあ最初はリズム隊の音…。

なんですけど、結構全体を鳴らしながらの方が多いかな?

う〜ん、これはその時によってまちまちですね。
録りの段階である程度のバランスは取っているので、なるべく全体を聴きながら作業するようにはしてますね。

後、ヘッドフォンが苦手なんで…。
細かい音チェックなんかは…。

はい、最近はこういうのも任せてます(笑)。

下準備と仕込み、そして仕上げ。
これが僕のMD STUDIOにおける大きな役割ですかね。

ってなわけで、技術的なお話はまた今度。

でも次は多分、漫画に関することを書くんじゃないかなぁ(笑)。

MD STUDIO機材一覧

読んでもらう投稿というよりは…。

自分の確認用ですね。
メモみたいな使い方すんなブログを(笑)。

一応動くし、使ってるものを書き出したと。
まあほぼ使ってないにもあるけど…。

なんか凄そうに見えるので書いておいたと。

と、いうわけでスタジオ機材一覧表。

[DAW System]
PreSonus Studio One 4&3.5
Logic Pro X
MOTU 828mkⅢ
MOTU 828mkⅡ
MOTU 896
Avid DIGI003Rack
Avid DIGI002Rack
PreSonus StudioLive 24
PreSonus STUDIO1824C

[Computer]
Apple iMac 27inch(2017)
Apple iMac 27inch(Late 2009)
Apple MacBook(15inch,Early 2011)
Apple MacBook(15inch,Mid 2009)
Apple Power Mac G5
Apple Power Mac G4×2
Apple PowerBook G4
Apple Power Mac 9600

[Monitor System]
FOCAL PROFESSIONAL Shape Twin
Fostex NF01A
YAMAHA MSP5 STUDIO
IK Multimedia iLoud Micro Monitor

[Plug-Ins]
■Waves 
Diamond
Chirs Lord-Alge Signature
CLA MixDown
Eddie Kramer Signature
Jack Joseph Puig Signature
API Collection
SSL 4000 Collection
dbx 160 Compressor / Limiter
Tape, Tubes & Transistors
Abbey Road Collection

■Universal Audio UAD-2 SATELLITE THUNDERBOLT OCTO
CUSTOMAnalog Classics plug-in bundle
API500 Series EQ 
API Vision Channel Strip
EMT 140 
Teletronix LA-2A Leveler Collection
Neve 1073 Preamp and EQ 
Ocean Way Studios
Studer A800 Multichannel Tape Recorder

■IK Multimedia Total Studio 2 MAX 

■iZotope 
Ozone 8 Advanced 
Neutron 2 Advanced
Nectar 3 Advanced
RX Post Production Suite 3
Trash 2 Expanded+2
iris 2

■STEVEN SLATE
 DRUMS SSD4
DRUMS SSD5 
Trigger 2 

■FXpansion 
BFD2
BFD3

■XLN Audio
Addictive Drums 2
Addictive Trigger

and more…



[Other Hardwares for Audio]
Roland V-Drums
LINE6 POD Pro
LINE6 BASS POD Pro
LINE6 POD XT
LINE6 BASS POD XT
LINE6 POD HD500X
Kemper
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-FxIII
Focusrite ISA One Analog
AVALON DESIGN U5
BEHRINGER MIC 2200
BEHRINGER HA4700
HA8000 V2 POWERPLAY

[Microphones]
AKG C414XLⅡ×2
AKG C451B
AKG D112MKⅡ
Electro-Voice RE320
SENNHEISER e945
SENNHEISER MD421MK2×3
SHURE SM58
SHURE BATE58
SHURE SM57×2
SHURE BATE57
BLUE Baby Bottle
Rode NT-2
audio-technica ATM25
MXL 990
SOLOMON MIC FRQDJG

プラグイン

ミックスをする際にはいろいろなエフェクトを使用する。

僕は基本的にはハードのエフェクトをミックスで使用したことはほとんどない。
「全くない」と言ってもいいかもしれない。

テープのMTRで宅録をやっていた時は、ドラムの音はシンセから出た音をそのまま録音してたし…。
ギターも音を作って、そのまま録音してたかなと。

後で「音をいじる」という感覚がなかった。

で、RolandのVS-880を購入して「ミックスダウン」をするようになったと。

録った音を外に出して、エフェクトをかけて戻すと言うことはしてないな〜と。
まあベースとかギターの音を「素」で録っておいて、後からPODなどに通して音作りってのはやってたかな。

まあこれがハードのエフェクトを使ったって感じかな。

憧れもあったんですけどね、ラックにそういうのを沢山入れるの。
見た目もゴージャスで、なんかプロっぽく見えるし(笑)。

ただ、後の管理も大変だし…。
配線も大変だなと。

何気に機材のワイヤリングって大変ですからね。
ある意味、そういうのもエンジニアの腕ですからね。

で、Macベースで作業をするようになって、プラグインを使うようになりました。
最初から「コレが必要なんだろう」ってことで…。

Wavesのバンドルを購入しましたね。
え〜と、GOLDを書いました、最初は。

今でこそメチャ安いですが…。

当時は12〜15万ほどしたと思います。
ジンバブエドルじゃないですよ(笑)。

もうね固定観念の塊だったんですよね。
「ミックスにはWavesのプラグインが必要」って感じで。

でもまあこの時のその固定観念も、今から思えば役に立ってるのかなと。
なんせ使い方がわからないし、周りに使ってる奴もいないので…。

とにかく自分で試しまくりましたし…。
使い倒しました。

それが今も結構生きてると思ってます。

でも「弘法筆を選ばず」じゃないですけど…。
理想としてはDAWの標準プラグインだけでミックスが出来るのが理想かもしれないですね。

僕も今なら、なんとかなるかなと。

ある一定「出したい音」ってのがあるし…。
まあ経験がそれなりにあるので、どんなプラグイン環境でもなんとかなるかなと。

ただマスタリングは無理ですね、おそらく。
やってやれないことはないんですけど…。

いや、やっぱり無理かな(笑)。

ってなわけで、今も相当数のプラグインを所有してます。
けど、結構同じのばかり使ってる感じがする。

いろいろ試してみても、結局は自分の定番に落ち着く。
うん、そんなパターンが結構多いかも。

で、ここでも結構僕は色眼鏡というか…。
固定観念が結構残ってるかも。

もう少し頭を柔軟にして使うことが必要かもしれないな〜。

一度「格付けチェック」で、プラグイン比較とかやってくれないですかね。

無料配布しているプラグインと、定番メーカのプラグインとか聴き比べて欲しいわ〜。

YOSHIKIとGacktには特にやってみてほしい。

もちろん間違えて欲しい(笑)。

Studio One

怒涛のレコーディング週間が終わり、今は怒涛のミックス週間に入っています。

で、ドンドンと音が磨かれていくミックス作業は好きなんですが…。
さすがに、最近寝不足が続きすぎて、正直疲れてます。

今日は誰もスタジオに来る予定がないので、寝ようかなと。
たまにはナポレオンより寝たいです(笑)。

で、僕のスタジオ(MD STUDIO)ではDAWはStudio Oneを使っています。

導入したのが2017年の12月ですから…。

1年と4ヶ月くらいになるんですかね。


まあまだヒヨッコですね(笑)。

もともとCUBASEをずっと使用してたんですけど…。
一時期音楽作業から離れてて、その間にバージョンアップが進みすぎてたので…。

思い切って、違うDAWにしてみようかなと。

まあ本当の理由は値段だったんですけど(笑)。

LOGICという選択肢もあったんですけど、なんか「難しい」というイメージが勝手にあったんですよね。
「譜面書く人が使うDAW」みたいなイメージが。

Pro Toolsは全く選択肢にありませんでしたし。

あれ、スタジオで普及してるだけで、一般の普及率は低いから(笑)。

で、結論としては、良かったかなと。
正味どのDAWでもミックスができないことはないんですけど…。

僕のスタジオの音ってのは、基本Studio Oneあってのものですね。
他のDAWも試してはみたんですけどね。

出音が思った以上に違ったので、やっぱり切り替えは難しいなと。
他のDAWの音が悪いって意味じゃないんですよ。

もう僕自身がStudio Oneでの音に慣れてしまったので。
ショートカットが違うとかは、なんとでも克服する自信はあるんですけど…。

音に関しては、簡単にはいかんのですよ(笑)。

ただ、将来的には主なDAWは手に入れておきたいなと。
いろんなデータをやりとりする上では必要かなと。

と、言うわけで、次回はStudio Oneのより細かい部分に…。

突っ込みませんし、そういうのをこのブログに期待してはいけません(笑)。

FOCAL PROFESSIONAL Shape Twin

自分のスタジオ(MD STUSDIO)のモニターをFOCAL PROFESSIONAL Shape Twinに変更しました。

値段的に「ちょっと…」って躊躇したんですけど…。
自分が抱えている不満を解消するために、思い切って購入。

そして、マイクスタンドを移動する際に、ぶつけて早速傷を作りました。
バカか(笑)。

まあこれで「気に入らなくても売れない」状態になったので使い続けるしかないですね。
いや、そこまでの傷ではないですけどね、さすがに(笑)。

で、去年にFostex NF01AからYAMAHA MSP5 STUDIOにメインモニターを切り替えたんですよ。
その際は「あっ、音がクッキリと聞こえるようになったな」って満足してたんですけど…。

そのあとですね、とにかく不満というか…。

なんかモヤモヤした感じがあったんですよね。

ただ、スタジオに来るみんなは、何も不満を言わないんですよね。
「このスタジオはいい音が出てる」みたいなみんな言うし。

なんかね「オレがおかしいの?」って思いましたもん(笑)。

で、「まあみんなから不満も出てないし、自分自身も作業に困ってはないからエエかな」って思うようにはしてたんですけど…。
やっぱり「でも違うんだよな」ってモヤモヤが消えなくて…。

雑誌のレビューや、そしてなにより見た目に惚れて買うことにしたわけです。

結果としては大成功。
特に2つのウーファーが僕的にはいいなと。

これまでのモニターだと「低音がイマイチ出てないな」ってミックスでローを上げると…。
ミックスを渡した人たちから「低音が出すぎ」って言われることがほとんどでした。

つまりはモニターでウマく再生できてなかったのかなと。
だから聞こえてないし、低音が見えてなかったと。

それを無理やりなEQとかで持ち上げると、なんか不自然な低音の出方になってたと。
まあそういう感じだったかなと。

で、この Shape Twinだと非常に低音が確認しやすい。
必要以上にブーミーでもなくて、自然な感じでチェックができると。

で、他の音域も非常に滑らかに再生されるんですよ。
なのでミックスでも「狙い所」が非常にわかりやすい。

そして Shape Twinでミックスをして他のモニターで鳴らすと…。
心地いい感じに鳴るんですよ。

ウマく低音の音が作れたんだなと。

で、値段も「高いなぁ」とか思ってたんですけど…。
逆にこれくらいの価格で、このクオリティーはかなり高いなと。

ただ諭吉は手元から消えましたけどね。
まあ正確に言うと、来月消えるんですけどね。

今はその準備のために奔走中デス。

ミックスの依頼増えないかな(笑)。

頭の中で蠢く声

ここ数日Appleから新製品の発表が続いてますね。

僕はもともと「パソコンメーカー」としてのApple信者なんで…。
iPadとかその他にはあまり関心がありません(笑)。

で、「今年は新しいMacProが発表されるだろう」と予測してます。
そうなると「MacProの性能を引き立たせるアイテムが必要になるよな」って考えるわけですよ。

と、なると一番の売れ筋の商品をまずはリニューアルして…。
そして、さらに「あのマシンをさらに上回るモンスターパワー」みたいな感じで発表するんじゃないかと。

で、予想が当たったから、どうとなるものでもないんですけど…。

やはりまずはiMacのバージョンアップを図って来たなと。

そして去年購入したばかりなのに、すでに物欲が囁きかけて来てると。

どれだけ思い通りに動かされてるんだって話。

そして、夏頃には「さらに物欲が…」とか言ってる気がする。

カムバック諭吉!

本当に旅から帰って来ねーな、あの人(笑)。

『鋼鉄の華っ柱』西森博之

「所有漫画紹介シリーズ」第何段か忘れた(笑)。

と、言うわけで、懲りずに続いています。
そして、毎週のように漫画が増えていくので、いつ終わるのかもわかりません。

と、いうより終わらないんでしょうね。

終わるとしたら、飽きた時だけです。
なので、もうすぐかもしれません(笑)。

ってなわけで、「今日から俺は!!」の西森センセの作品。
全9巻か8巻だったと思います。

僕が持っているのは5巻までです。

まあそれを評価としてくれたら(笑)。

いや、面白いんですよ。
キャラの作り方もさすがだなと思うし。

ただ僕は5巻までしか買ってないということで(笑)。

さて、この漫画についてはこのくらいで…。

いや、僕は西森センセの作品大好きですよ。

うん、苦しいけど、そいうことで(笑)。

MD Records

宅録での転換期がRoland VS-880が登場したこと。

で、さらに転換期となったのが…。
オプションでCDが作成できるようになったこと。

コレは大きかったというか…。

事件でしたね。
「コレでレーベルできるやん」みたいな感じで。

で、その勢いで「もう自分らでCD作れるからレーベルやろうや」みたいなノリで立ち上げたのが「MD Records」ですね。

今だに「大文字統一」なのか「小文字混ぜ」なのか、まだ確定してませんけど(笑)。

で「レーベル名どうする?」って話をしてたんですよ。
飲みながら(笑)。

なかなか案が出なかったんですけど…。
お酒の力を借りつつ、色々と意見が出て…。

ってか、3人だけで話し合ってたんですけどね。
しかも、その人たちと今全く繋がってないんですけど(笑)。

で、誰かが「プロレス技どうや?」って言い出したんですよ。
それにみんな乗っかったと。

で「ドロップキックは?」「バックドロップは?」みたいな感じで言葉が続いて…。
「マッスルドッキングってどう?」みたいな話になったんですよ。

うん、プロレス技じゃないね(笑)。

ちなみにその言葉を発したのは3人の中で唯一「演奏者」じゃない人。

その人の発言にテクノバンドやってたOさんと僕が「それ!」って食いついたわけです。
なので「MD Records」は正式には「Muscle Docking Records」なんですよね。

ってか、まだ個人事業者としても登録してませんけど(笑)。

で、正式名称が長いのと、同じ名前のバンドがいたので…。
「MD Records」という名称になったと。

で、ほとんど立ち消えてた名前だったんですけど…。
僕の中では「音楽関連の会社作るならこの名前」って決めてたんですよ。

ただ、年取ると余分なものもついて来ますね。
「恥じらい」というか…。

堂々と「MD Records」って名乗れない、なんか変な恥ずかしさ。

しかし、今は違います。

堂々と名乗りたいなと。
嬉しいことに賛同してくれるバンドも増えて来たし…。

本格的に…。
と、いうかあの時の夢の続きを追いかけられたらなと。

僕の体がどこまで持つかわかりませんが(笑)。


おフランス製

スタジオにとってモニター環境は非常に大事です。

で、まあスタジオもスピーカーを選んだり…。
色々と響きを調整するわけです。

僕の場合はスピーカーは選んできました。
それなりに試してきたし、それなりに特性も理解してるかなと。

ただ「調整」と言う部分では…。
コレと言って特別なことはしてこなかったのが現実です。

めんどくさいと言うか…。
ぶっちゃけると…。

「ある程度のスピーカーを使って大音量で鳴らすと、なんでもカッコよく聞こえる」

これに尽きるんですよ。

身も蓋も何もないですけど(笑)。

ただ、実際はそういう環境で聞く人ばかりではないんでね。
そこで、ミックスとかマスタリングのテクニックというか…。

まあいろいろと必要になると。

で、もともと普通のステレオ…。
というか、コンポ?

まあそういうのでミックスしていた僕。

なんの疑問も持ってませんでしたし、まあそれで悪い評価もいただいてなかったと。

まあものすごく狭い世界での話なんですけど(笑)。

ただなんか漠然と「プロ目指すならそれなりの」みたいなのが発動して…。
鬼のローンで買ったわけですよ、色々と。

ホントに鬼のような分割で。

もうリボを進めるショッピングサイト潰れろ全部(笑)。

で、そこで初めてFOSTEXのNF-01Aで音を出した時に…。
もう吹っ飛びましたね、色々なものが。

「コレまではなんやってん?」って感じで。
で、それまで進めていたミックスの悪いところが見える見える。

いや本当に音が見えたって感じでしたね。
で、それからも外スタジオでも色々と聴き比べしてみたんですけど…。

自宅スタジオの音が一番良かったと(笑)。

なんか部屋の形というか…。
色々と都合よくなってたんでしょうね。

で、大阪から京都に帰郷して、新たに稼働させた自宅スタジオで音を鳴らしても…。
ほぼ大阪時代と変わらずに、同じ音が鳴りました。

機材のレイアウトがほぼどちらも同じだったのが良かったのかなと。
で、今はお店の2階にスタジオを構えているわけですけど…。

音鳴りは悪くないと思っています。
実際に僕のスタジオに来た人も大体が「音がいい」と言ってくれてます。

忖度されてるのかどうかは知りませんけど(笑)。

で、僕自身も悪いとは思ってないんですけど…。

なんかちょっと微妙に…。

というか、かなり…。

はっきりいうと「ホントに今の音で?」って思ってました。

ブログあんまり読まれてないから書くけど(笑)。

モヤモヤっとした不満が常にあったんですよね。

ってなわけで、今からその不満を解消すべく…。
新しいスピーカー試してみます。

うん、普通はレビュー的に書くだろ。

「〇〇試してみました」みたいな感じで。

まあそれは後の話ということで。

ってか、そんなのは他でやってるのでね。

なので商品名も紹介しないです。

まあ気が向いたら、また使用した感想書きます。

なんだこのブログ(笑)。